関数電卓に慣れるためには問題を解きまくれ!!

土地家屋調査士の書式問題の関数電卓を使いこなすためには、使い方を覚えるだけではなく、実際に何十回、何百回と計算し、慣れる事が大事です。

計算を速く正確にするために日々練習をして下さい。

⇒土地家屋調査士 書式問題対策 2点間の距離 計算ドリル



点Aと点Bの2点間の距離を求めよ。

⇒土地家屋調査士 書式問題対策 4点交点 計算ドリル



直線ABと、直線CDとの交点Eを求めよ。

⇒土地家屋調査士試験 垂線 計算ドリル



C点と直交する直線ABの交点(P点)の座標を計算せよ。

⇒土地家屋調査士試験 トラバース(放射) 計算ドリル



A点を機械点、B点を後視点とし、C点の座標を求めよ。

⇒土地家屋調査士試験 面積 計算ドリル



点ABCDを結んだ土地の面積を求めよ。