土地家屋調査士の講義は合格への最短距離

土地家屋調査士のインプット勉強は資格学校の講座で始める受験生が多いと思います。

法律系の資格を経験されている方ならいきなり六法を読み込めるかもしれませんが、それでも勉強のフローとしてして資格学校の講義を活用したほうが断然効率的で勉強が速いです。

体系的に勉強をしていく事が土地家屋調査士に関わらず試験勉強の鉄則です。
その辺りは資格勉強を経験した人なら分かると思います。

しかし、土地家屋調査士の試験の場合は内容が独特な事が多く特に初学者や他業種の方が受験されるときには一つ一つの事がなかなか理解しにくい事が多いと思います。

全体像が分かって改めて講義の内容が分かるという事もあります。
登記という分野の話ですから、特殊性がありますしね。

そのため勉強を丁寧やっていくとやっぱり膨大になるんですよね。
東京法経学院の講座でも土地家屋調査士の講座は全部で約2時間30分の講義が45回あります。
単純計算で112時間越えですね。


⇒東京法経学院 土地家屋調査士 最短合格講座

いくら各回の講義がが2時間30分に分かれているとはいえ合計112時間越えの内容を漏らさずインプットしていくとは至難の業です。
講義を真剣に受けていてもいつの間にかボーっと聞き逃してしまったというような事もあると思います。

一つ一つの講義を消化していきたいですよね。
貴重な時間を使っているのですから。

というわけで今回は講義を受けた内容が身についているかを効果的に確認する方法です。

インプット直後のアウトプットが効果的

勉強というのはインプットの勉強アウトプットの勉強がバランスよくできて初めて学力として身に付きます。
しかし勘違いしやすいのはインプットの勉強が終わった段階で知識がついたと思ってしまう事です。
講義を聞いてなんとなく説明してくれている内容が分かったから勉強ができたと感じてしまうのです。

語学の勉強で言われていることなのですが、10の単語を耳から聞いても自分が話せて使いこなせる単語は3つくらいという事が言われています。
つまり、目や耳からインプットした学習内容はすぐには全てあなたの知識に直結して使いこなせるようになっているわけではないという事です。

そのため講義を受けた直後にアウトプットをするというのが効果的です。
一般的にインプット直後のアウトプットとして効果的と言われている方法はインプットに関連した問題を解く事です。
学習した項目の過去問を解くなどです。
よく学生時代などの教科書の単元の後に練習問題がついているのはこれと同じ効果を狙ったものですね。

しかしながら、この方法もアウトプットとしては不十分です。
問題を解く事で知識の定着度は増せるのですが、体系的な整理をしていかなければいけません。
過去問だけではどうしても知識の確認が断片的になってしまうからです。

体系的なインプット知識の整理をしていく

では具体的に体系的に知識の整理をどうやってしていけばいいのかという事を説明します。
講義を一回分受講し終わったらテキストや六法など何も見ずに覚えている講義の内容をノートに書いてみます。

さすがに細かい条文までは書くことは難しいでしょうが、大まかでもいいですから今受講した講義の内容のポイントなどを整理して下さい。
箇条書きでもいいです。図を用いてもどんな方法でもいいです。とにかく自分の手を使って整理して下さい。

テキストに沿って講義がされているので、それを後から読み直せばいいじゃないかと思いますが、それって実はあまり知識になっていないんですよ。

実際に手を使って作業するという事をしてみると分かるんですが、案外書けないんですよ。本当に。
つまりこれが「あなたが受講した分かったつもりの知識」なんです。
これがインプット勉強から得られたアウトプット知識なんです。
しかし、大事なのはこれで「分かったつもりでいた勉強のどこが不十分かが分かった」という事を知る事です。
どういう事かと言うと、講義を聞いた時点では理解できていたと思っていたことが実は理解できていなかったという事と認識するのはなかなか難しい事なのです。

講義は聞きっぱなしにしない

そして、この段階で始めて自分で講義の内容を書いてみて整理しきれなかった事や書けなかった事についてテキストを読み返したり、六法で確認してください。
そうすると講義の内容やポイントが整理できるはずです。

とても面倒くさい作業ですし、ただでさえ時間のない受験生にとって早く講義の内容を消化したいという気持ちもあると思います。

しかし、適当なインプット勉強をしていれば結局は曖昧な知識でごちゃごちゃになり結局は後々後戻りなどという事にならないようにしなければいけません。

講義を聞くっていう勉強は初学者がやる一番最初の勉強と思いがちですが、実は試験内容の思考を鍛える最も重要なファクターでもあるのです。

ブログ村 ランキングに参加しています。
この記事が役に立ったら「ポチッ」として下さいね!!
↓↓↓
にほんブログ村 資格ブログ 土地家屋調査士試験へ